本文へスキップ

ジェルネイルとは一体どんなモノなの?

ジェルネイルとは粘度のある液体を爪の上で固めたモノです。

<<【ジェルネイルキットを選ぶ】〜セルフネイル専用スターターキット

ジェルネイルって一体どんなもの?

ジェルネイルとは一体どんなモノなのでしょうか?少し詳しくみていきましょう。

そもそも、ジェルネイルとは「ジェル」と呼ばれている粘度のある液体を爪の上にのせ、専用のUVライトを当てて固めて(硬化させる)アートを作る事を言います。

ジェルは、どろっとした粘度のある液体で合成樹脂で出来ています。

このジェルの中に、専用の光を当てると固まる成分が含まれています。

ですので、ジェルは乾かすという感覚ではなく、光を当てて固めるという感覚になります。

基本的に爪に塗って、普通においておいても固まる事はありません。

ずっとぺトペトとした感じになります。この辺がマニキュアと違う点ですね。

しかし、やり方はそれほど難しくはありません。慣れてしまえばマニキュアよりも素早く仕上げる事が可能になります。

なぜかと言えば、UVライトの光さえ当ててしまえば、数分以内に完全に固まってしまうからです。

マニキュアはこうはいきませんよね。乾いたと思って油断していたらヨレッとなってしまったり。

こうなってしまっては最初からやり直しですもんね。

ジェルネイルは、そのような事はありません。1度固まった2度と液体に戻る事はありません。

ジェルネイルのやり方は、至って簡単です。

ベースジェルを塗って、UVライトに入れて固める。

その上からカラージェルを塗って、UVライトに入れて固める。

最後にトップジェルを塗ってUVライトに入れて固める。

基本的にはこんな感じです。後は、ネイルアートを施すだけです。

ネイルアートを施す順番としては、ベースジェルとトップジェルの間で行います。

カラージェルの上にネイルアートを施します。もちろん、ベースジェルの上にそのままネイルアートを施しても構いません。

ジェルネイルは、艶が出る

マニキュアよりも、更にキラキラに美しい艶が出ます。

ジェルネイルと言えば、「艶」と言っても過言ではないでしょう。

感動するほどの艶です。それもくもる事もすくないので美しさが長持ちします。

爪を見るたびにウキウキしちゃうと思いますお。ジェルネイルって本当に綺麗なんです。

ジェルネイルは剥がれにくい!

マニキュアは、水仕事をするとすぐに剥がれてしまうと思います。

しかし、ジェルネイルは簡単に剥がれる事はありません。

専用の溶液でジェルを溶かさなければ剥がれないのです。

(その為には、プレパレーションがとても大切になります。爪の下処理ですね。)

【ジェルネイル事典】

>>スマートフォンページへ