本文へスキップ

ネイルサロンは儲かるのか?

ネイルサロン元経営者が語る裏側

<<【ジェルネイルキットを選ぶ】〜セルフネイル専用スターターキット

ネイルサロンは本当に儲からないのか?

ほんの一時期は、本当に儲かっていたみたいです。
今ほどネイルサロンが乱立していない時期ですね。
もう、10年程前になると思います。
どうでしょうか?それぐらい前に今ほど街中にネイルサロンがありましたか?
美容室はずっと多いですが。
ネイルサロンはここ数年で、爆発的に増えましたね。
その勢いはすさまじいものがありました。
しかし、最近では閑古鳥が鳴いているサロンも多く見受けられるようになっています。
少し街を歩けばネイルサロン。
ちょっと覗いてみたら、ネイリストさん達が楽しそうにおしゃべりをしている様子。
お客さんはいないようです。
オーナーさんは、大変でしょうね。
マンションの一室で開業されている様な方は、それなりに儲けが出ているようです。
路面店としてネイルサロンを今出店するのはかなりリスクがあるのではないでしょうか。
そもそも、ネイルは需要がそれほど多くありません。
少し考えてみましょう。
主なターゲットは、女性です。この時点で人口の50%。
そして、年齢層は?
20代〜40代。
この年代の方がどれぐらいその地域に居るかが重要になってきますよね。
もちろん、40代以上のお客さんもいるようですがそれほど多くはないようです。
そして、ネイルに興味がある方。
美容室と違って絶対的な感じでもないんですよね。ネイルって。
今でも、自分でマニキュアを使って、ササッとネイルアートをすることは可能ですから。
どうでしょうか?
どれぐらいのお客さんがいそうですか?
更に、そのお客さんを多くのネイルサロンで奪い合う事になります。

ここ最近では、客単価もどんどん下がってきていますし、高レベルのネイリストさんは集まらないし、ネイルサロン経営は今本当に大変そうです。

今後、ネイルサロンが伸びていく為に何が必要なのか?
未だに見えません。というか、完全に縮小していく市場だと思います。
逆に、自分でジェルネイルを始める方は増えていくのでセルフジェルネイラーをターゲットにした
ビジネスのほうが儲かりやすいですね。

こちらの⇒元ネイルサロンオーナーさんのブログは、悲壮感が漂っていますが、読んでいて面白いですね。

【最新記事】

>>スマートフォンページへ