本文へスキップ

白髪染めをするならヘナカラーがおすすめです。

ヘナカラーを使って白髪を傷めずに綺麗に染めましょう。

<<【BLOG】トップへ

白髪が生えてきたらヘナカラーで髪の毛を傷めずに染めましょう。

年を取ると白髪が増えてきます。

決して悪い事ではないと思います。

味が出てくるというかなんと言うか。

本当の大人って感じがしますね。

しかし、ヘアスタイルをきちんと整えておかなければ、どうしても汚らしく見えてしまいます。

特に日本人の白髪は、黄色味が少しあるので余計にすすけて見えてしまいます。

白髪のヘアスタイルを綺麗に維持するには手間とお金が掛かります。

白髪のロングヘアスタイルは、日本人には合いません。

欧米人の様な、シルバーヘアーではないからです。

日本人の白髪は、黄色みがかった感じになります。

これは、元々の髪の毛の色が黒いからです。

黒髪を脱色剤でどれだけブリーチしても、綺麗なシルバーにはなりません。

どうしても黄色味が残ってしまうのです。

この黄色味を消す為には、紫や青といったカラー剤を使用します。

黄色を打ち消すには、青、紫、が有効だからです。

このように、日本人の白髪をキレイに見せるのは本当に大変なのです。

白髪染めをするならヘナカラーです。

白髪を隠す方向で進めるなら、ヘナカラーがおすすめです。

ヘナカラーとは、自然素材のヘアカラー剤です。

専用の草を乾燥させて、粉末状にしたモノになります。

ヘナカラーの歴史は、大変古くあのクレオパトラも使っていたとされる程です。

髪の毛を染める事はもちろんですが、爪を染める為のマニキュアとしても使わていました。

また、最近ではヘナタトゥーにも使われています。これは、ある程度の日数で消えるタトゥーになります。

このようにヘナカラーは、色々な場面で活躍しています。

なぜ、これほど重宝されているかと言えば今流行のオーガニック素材だからです。

自然の物をそのまま活かして使っているのですね。

基本的には、化学染料などは使わていません。(一部使われているモノもあります。)

ですので、髪の毛はもちろんの事、頭皮にも優しいんです。

ヒリヒリしたりすることは決してありません。(植物アレルギーの方はダメですが・・・)

そもそも、脱色剤なども入っていないのでヒリヒリするような事はありえないのですが。

その為、白髪を染めるのに向いているのです。

白髪はしっかりと染まり、それでいて色も長持ちします。

一般的なアルカリカラー剤に比べて抜群に色持ちが良いのが特徴です。

もし、白髪を染めたいならヘナカラーがおすすめです。

髪の毛の色を明るく染める事は出来ませんが、白髪をしっかりと綺麗に、そして傷めずに染める事が出来ます。

【最新記事】

>>スマートフォンページへ